2015年12月22日火曜日

北欧のクリスマスメニュー - Glöggi : Christmas menu #2




昨日に続き北欧のクリスマスメニューとして、今日はドリンクをご紹介します。

フィンランドではGlögi(グロッギ)、スウェーデンではGlögg(グロッグ)と呼ばれています。
赤ワインのような色をしたこのドリンク、ベリーなどのジュースや赤ワインにカルダモンやシナモンなどのスパイスをたくさん入れてぐつぐつ煮込んだ、奥深い味わい飲み物です。


カルダモンのにおいがすると、クリスマスを思い出します!



ホットワインはヨーロッパの文化のようです。
日本ではグリューワインやモルドワインとして輸入食品を扱うお店などで販売されています。
ワインなのでアルコール入りですが、温めて飲むとほっこり体があたたまります。

また、以前このグロッギのティーバックを発見しました!
お湯やワインに紅茶のように入れて、簡単にグロッギを作れます。

アーモンドやレーズンを入れるのが北欧風。



最後に残るこのアーモンドにグロッギが染み込んでいるのがおいしいんです!
個人的に大好きで、クリスマスと言わず年中家に置いておきたいです。

北欧ではアルコールなしの通常ドリンクとしても販売されています。

グロッギと一緒に、ぜひぜひ北欧のクリスマスの雰囲気を味わってください!



Today's Christmas menu is a drink called Glögi (Glögg in Swedish).
This is also called as Mulled Wine or GruhWine in Europe.

It is a mixture of Cinnamon, Cardamon, and many other spices with Wine, or berry juice.
You warm it and drink with almond slice or raisin!

It is getting little by little colder in Japan, so I recommend you to drink this in the relaxing evening time!
You can easily find this Wine-version drink at stores with imported foods/ingredients. Also I recently found a tea-bag style Glögi pack. 

Please check and enjoy Scandinavia style Christmas!


0 件のコメント:

コメントを投稿