Thursday, November 22, 2018

北欧の妖精たち/Fairies in Scandinavia


皆様、いつも hosiikamo を訪れていただきありがとうございます。
街にはクリスマスが近づいていることを思わせるイルミネーションが増えてきましたね。

北欧圏の妖精たちは国によってトムテ(スウェーデン)、ニッセ(ノルウェー/デンマーク)、トントゥ(フィンランド)と呼ばれ、子供や家を守る守護神として人の眼に触れることはありません。サンタクロースも妖精なんですよ!スェーデンではユールトムテ(クリスマスのトムテ)として知られ子供たちにプレゼントを配ります。さあ、hoshiikamo のサンタたちが出番を待っていますよ。



Thank you very much for visiting hoshiikamo as always.
Have you noticed the Chrismas illuminations getting increased in town?

In Scandinavia different name for fairies such as Tomte in Sweden, Nisse in Norway and Denmark, Tontuu in Finland. Santa Claus is a fairy to bring gifts to children.



                                                             青いサンタ

ニッセ/Nisse

職人の手作業によるニッセの表情に同じものはありません。
For Nordida Nisse every part is made by craftman’s hands, means different expression on each Nisse.

                                                      もっともっとサンタはこちら

                                                                            ↓

                          https://hosiikamo.com/SHOP/g133893/t01/list1.html


                                    


              トントウ/Tontuu

仲間と役割分担します。例えばプレゼントラッピング、手紙配達、赤ちゃんをあやす。


Share works among Tontuu, gift wrapping, post delivery, and babysitting.
                                       


トムテ/Tomtebod 

ゴットランドシープの羊毛、フェルトも羊毛から作ります。

恥ずかしがりやで帽子を深くかぶってる。サンタクロースのプレゼント配りのお手伝い。 

決して出会うことはない妖精たち、でも想像するだけで楽しい!!


Gotland sheep hair under the pointed hat with very shy nature.
Fairies never seen, only in imagination, how fantastic




No comments:

Post a Comment

Press Coverage from Finland

Very pleased to share this press coverage from the Finnish media Helsingin Sanomat for Moomin Park. No English version but the beautif...