HOSIIKAMO SCANDINAVIA

HOSIIKAMO SCANDINAVIA

Thursday, April 30, 2015

新商品:オリジナルムーミン腕時計 New Moomin Watches!

ツリーシリーズは、木をモチーフにした大人の女性のためのムーミンウォッチです。ツリーとムーミンでは、淡くどこか切ない雰囲気の中ムーミンが木の下に腰かけて空を眺めています。その日の気分に合わせてネイビーの革ベルトとメッシュベルトを付け替えることができる、ベルト2本セット。どちらも細ベルトで華奢な印象なので、場所を問わず着用できます。腕時計にマッチした化粧箱のデザインもポイント!プレゼントにも最適です。
ムーミン腕時計の紹介ページはこちらです(販売中)。






Monday, April 27, 2015

ムーミンハウスカフェ/Moomin House Café

(明佳音から - From Akane)

みなさんこんにちは!
東京スカイツリーのふもと、東京ソラマチにあるムーミンハウスカフェがリニューアルオープン!実はプレオープンにお邪魔してきました。
個室のお部屋が2つでき、グッズの販売スペースが拡大していました。
ムーミンハウスに招かれたようなかわいい内装に店員さんのユーモアあふれる接客で楽しい時間を過ごせました。

写真と共に様子をご紹介します。
After renovation, Moomin House Café reopened in Tokyo Soramachi.
Two private rooms are added to the restaurant and the Moomin shop becomes bigger.
I spent good time thanks to the staff's humorous hospitality and the cute interior, it was as if I was invited to Moomin House.

<画像1>
ムーミンハウスカフェ入り口です。
入ってすぐにムーミングッズの販売スペースがあります。
After the entrance there is the Moomin shop.


<画像2>
個室限定のコースで出てきた、スウェーデンの家庭料理「ヤンソンさんの誘惑」です。
アンチョビとポテトが入ったグラタンで、ベジタリアンであるヤンソンさんがおいしそうな香りに誘惑されて思わず食べてしまったという逸話があるそうです。
It is “Jansson's temptation” which is a Swedish traditional home food.

<画像3>
選べるメイン料理からは子羊のローストを。
盛り付けも華やかでやわらかく、とてもおいしかったです!
I ate a roast of lamb for a main dish which I could choose from the list.


<画像4>
そして、お待ちかねのデザート!
左がセットのデザートで、右が欲張って追加したムーミンハウスパンケーキ!
カフェオリジナルの重なったムーミンハウス型ココットには、3種類のデザートが入っています。
The left plate in the picture is a dessert which comes with dinner course, and the right one is Moomin House Pancakes which I ordered as extra.


<画像5>
そしてムーミンシルエットラテ!
なんと横からの写真を撮り忘れたのですが、かわいいカップをおみやげで持って帰ることが出来ます!
And its an "art-latté" with the Moomin silhouette.
  

   
<画像6>
個室のディナーはとってもリラックスして食事を楽しめますし、スペシャルゲストが会いに来てくれるかもしれません…!
ぜひ、みなさんもムーミンハウスカフェへ遊びに行ってください!
In a private room you can enjoy a relaxing dinner, and if you are lucky special guests might come to visit you…!

Please go to enjoy Moomin House Café!


Friday, April 24, 2015

ムーミンニュース! Moomin News

(ジョンギョンから - From JungKyung

こんにちは!
今日は「ムーミンアドベンチャーズジャムラン」というゲームをプレイしてみました。
ジャムランはムーミンキャラクター達と競走して、ムーミンおばあさんの秘密のジャムレシピのために素材を集めて、ムーミンママを助けるストーリのゲームです。



走る時のキャラクターの動きがとてもかわいいです!
ジャムを作ってロックが解除されたらムーミン谷のキャラクターを選んでプレイすることができます。
是非プレイしてみてください!

また、ルミネ北千住店が1周年フェアが425日から開催されます。
ここで新しいムーミン腕時計を販売していますので、見に行ってみてください!

「ほしいかも」には4月末に販売開始となります。
革ベルトとメッシュベルトの2Wayタイプ腕時計です。
お楽しみに!


Hello!
These days, I have been playing at the Moomin mobile game "Moomin adventures Jam run"!
You participate to a race as a Moomin character and help Moominmamma by collecting ingredients for her grandmother’s secret jam recipe.
By collecting the ingredients for jam, you can get more characters from Moomin Valley, and play again.
Please try to play!   
In addition, the first anniversary fair is started on April 25 LUMINE Kitasenju (北千住) store. At the LUMINE Kitasenju store, our new Moomin watches will be launched! Please check the photo above!
it will be launched on Hosiikamo very soon! Don’t miss it!!


Wednesday, April 22, 2015

デンマークのフラワーフェスティバル Flower Festival in Denmark


(亜紗子から - From Asako)

こんにちは!亜紗子です。
一時期の春の嵐も落ち着き、今週は春らしい暖かい日が続くようですね。
春と言えば日本では花がたくさん咲くイメージあります。今年の春ファッションのトレンドも大判の花柄ワンピースとか!
私が花で思い出すのが、夏行われるデンマークのフラワーフェスティバル。町中が花でうめつくされます。場所は真ん中にフィン島のメイン都市オーデンセ。オーデンセは童話作家のアンデルセンの故郷で有名な場所で、アンデルセンのテーマパークもあります。
2006年と古い写真ですが、いくつかご紹介させていただきます。

Hello from Asako,
Some days we had bad weather in Japan. Now we have real spring with nice sunshine!
In Japan, many kind of flowers are blossoming in spring time. Also Fashion trend comes with one-pieces with big flower design here.
I have memory of Flower Festival in Odense in Denmark where is famous from H.C Andersen. Below photos were from 2006’s when I was there. Little back history photos but I hope you enjoy.


 
アンデルセンテーマパーク内。写真は親指姫と醜いアヒルの子
H.C. Andersen Park. You can see ‘Thumbelina’ and ‘The Ugly Duckling’.



色々な花が展示されます。Many kind of beautiful flowers.





デンマーク王国のメアリー妃殿下(フレデリック皇太子殿下の奥様)がセレモニーにも来られ、20万人ほどのオーデンセに訪れる人気のイベントです。
Mary Princess of Denmark visits the event every year. This event is very popular as 200,000 visitors come to Odense for it.

フラワーフェスティバル(英語)/ Flower Festival information in English





オーデンセ町並み、アンデルセンの銅像、信号。
Odense, Bronze statue of H.C. Andersen, signal





赤レンガや石畳の道路など、オーデンセは昔の町並みを残しています。
お土産屋さんにはデンマークの伝統的なかわいいペーパーモビールがたくさん!
風になびくととても素敵でした。
GWの旅行の企画が既にすみ、次は夏を検討されていると思います。
是非、北欧旅行をご計画の方は、オーデンセの町に立ち寄ることをお勧めします。
Odense keeps classic style for town. There are many small Souvenir shops where decorate sweet paper mobiles. We recommend you to visit Odense if you will go to Denmark in this summer vacation.


モビールmobiles
Oda Moblies
Flensted mobile
Livingly



Monday, April 20, 2015

ドイツの木製人形ヴェント&キューン Wendt&Kühn - Wooden Figurines from Germany

(麻帆子から - From Mahoko)

こんにちは!
4月もあっという間に後半戦に入りました。
月曜日です。皆さまの週末はいかがでしたか?

今日は、先日ほしいかもで販売を開始したドイツのブランドWendt&Kühn(ヴェント&キューン)について紹介します。
先日、本国営業&マーケティング担当のトーマス・ロストさんが来日され、お会いしてきました。

ヴェント&キューンは1915年の創立から今年で100周年を迎える、歴史あるドイツの木製人形のブランドです。
代表作はほしいかもでも取り扱いのある天使のオーケストラ。


11個の白いドットがついた緑の羽が彼女たちの特徴で、それぞれが楽器やコーラス、指揮などを担当し壮大なオーケストラが完成します。

天使のオーケストラをはじめとするこの木製人形は、すべて手作り、ペイントも手作業でほどこされています。

ヴェント&キューンのアトリエはドイツのグリュンハイニヘンという小さな町にあり、伺ったところ現在従業員は180名ほどとのこと。
その中でこの人形生産を担当している人が130名!ほとんどが生産チームなんだそうです。

この手作りの生産作業はやはり熟練した技術が必要で、習得には数年かかるそうです。
そんなロストさんのヴェント&キューンで働く理由を伺ったところ、答えはシンプルにLOVEとのこと。素敵です!

人形たちのやさしい表情と手作りならではの繊細さは、見れば見るほど魔法のような魅力となり、すっかりこの小さな人形のとりこになってしまいます。
愛情を込めてひとつひとつ手作りで生まれた人形たちは、さらにたくさんの愛情を受け日本へ、そしてほしいかもにやってきました。
ぜひお気に入りの木製人形を見つけ、彼女たちの不思議な魔法にふれてみてください!

商品ページはこちら


Today we would like to introduce our new brand Wendt&Kühn.
We had a meeting with Mr. Thomas Rost last week and I could know little bit more about the brand and figurines.

Wendt&Kühn was established in 1915, and is celebrating its 100 years anniversary this year.
The wooden figurines are produced in a same way by hand as back in 100 years ago to the present day, in a small town Grünhainichen in Germany.
As Rost-san told us, there are about 180 people working for Wendt&Kühn now, and 130 people among them are actually producing the figurines.
Every work is so detailed and have to be skillful, so all the craftsmen are experienced and professional. Their hands add magic to figurines.
We had this question to Rost-san “why do you work for Wendt&Kühn?” and his answer was just simple “Love”, which is beautiful.

If you look closer into the figurines you can see how detailed they are made, and you can feel the magic the figurines have.
All figurines came to life with love from craftsmen, and received love from team Wendt&Kühn in Germany, and travelled a long way and finally arrived Japan, and Hosiikamo.
Please find your favorite one (or more!) and be enchanted with the magical charm by the figurines.



Friday, April 17, 2015

Pick up:COME TO FINLAND ピックアップ:カムトゥーフィンランド

(明佳音から - From Akane)

みなさんこんにちは!

4月も半分を過ぎて、新生活に慣れてきた方も多いのではないでしょうか?

雨が続きましたが、今週末ははれ予報!
お掃除日和の週末に、新しいインテリアのご紹介です。
フィンランド発フィンランドメイドのCOME TO FINLAND
COME TO FINLAND(カムトゥーフィンランド)193050年代のポスターデザイン全盛期に製作されたヴィンテージポスターの復刻盤ポスターです!
主には旅行会社が製作した古き良きフィンランドの美しい自然や食べ物、旅のロマンスが描かれています。
COME TO FINLANDのレトロデザインのポスターは落ち着いた、ゆるやかなフィンランドの空気を運んできてくれます。
お掃除のあとは、ポスターを飾って、遠いけれどロシアを挟んでお隣のフィンランドに思いをはせてみてはいかがでしょうか?


Hello!
It will be sunny this weekend.
It is ideal for cleaning, so I recommend a new interior style with the posters COME TO FINLAND, made in Finland! They are vintage reprinted posters, made in the 1930-50 's as poster design heyday. The products drawn by travel agencies were showing good old Finland's natural food and romance. The retro design posters ended up expressing the Finland's relax feelings. Let's put up a poster, after cleaning and dream distantly, let's think about Finland beyond Russia.

Wednesday, April 15, 2015

Hygge’s new ambassador ヒュッゲ腕時計の新アンバサダー

(セバスティアンから - From Sébastien)


こんにちは
今月は私たちのオリジナル腕時計ヒュッゲの新アンバサダーを迎えました。
書家・アーティスト GALLERY KAI主宰 高田 伊知子です!
とても素敵な人ですから、ぜひ下記の紹介文書を読んでください!

「高田伊知子は国立音楽大学付属高等学校卒業後渡米し、パーソンズ美術大学・ファッションデザイン科を卒業。NYのファッションデザインオフィスでキャリアをスタートしました。
1996年に帰国後は6歳より続けてきた書道に新たな道を見つけます。書を女流書家の大家・矢萩春恵、篆刻を日展作家・吉永隆山に師事しながら書や文字をベースにしたアート作品の制作、デザインを手掛けてきましたが2013年、吉祥寺にGALLERY KAIをオープン。翌年にはギャラリー敷地内に「鮓処米八なりさわ」を開店。
創作活動を続けながらギャラリーと鮓処がアートと人との出会いの場、日本の食文化を伝える場となることを目指し多岐にわたる活動をしています。」(HYGGE WEBSITEより
又は、公式ウェブサイトを調べたら、インタビューもあります!こちらです



高田 伊知子はHYGGE MSP3012BC(GR)を選びました。このモデルはテキスタイル&インテリアデザイナーの河東 梨香の後、二人目です。間違いがありません。HYGGE MSP3012BC(GR)はおしゃれなレーディスの腕時計です!ほしいかもウェブショップの紹介ページはこちらです

最後に、GALLERY KAIは素晴らしい展示会のスペースですから、皆に紹介してあげたいと思います。個人的大好きですから、何回も行きました。

公式紹介:「GALLERY KAI(ギャラリー会・吉祥寺)はかつて天現寺の慶応義塾幼稚舎にあった福沢家ゆかりの蔵を移築したもの。歴史的建築物でもあるこの蔵が、アートと人との出会いの場となり、記憶を刻み、吉祥寺の地に受け継がれていくことを目指しています。時を経て、GALLERY KAIとして再生した蔵。新たな芸術や文化の発信の場として、吉祥寺とアートを愛する皆様と育てていけたらと願っています。」
ウェブサイト:http://gallery-kai.jp/



 [花&ショコラ展」

アテスウェイのオーナーシェフ川村英樹

「伊勢神宮」―芸術は祈りー 稲田美織 写真展

Hello!

Today, I would like to introduce the new ambassadress of Hygge Ms Ichiko Takada, Shodo Artist and GALLERY KAI’S owner.
I have met Ichiko Takada several times these past months and are pleased to introduce her on Hoshiikamo Times. But her official introduction on the Hygge website would talk better than my words.
Ichiko Takada started learning Shodo, the Japanese calligraphy, at an early age. After graduating from Kunitachi College of Music Senior High School in Tokyo, she moved to New York and graduated from Parsons The New School for Design in 1992 with a BFA in Fashion Design.
Ichiko Takada began her career as an assistant designer for a fashion design office in New York, and later worked as freelance designer. In 1996, she returned to Tokyo and studied Shodo(Japanese calligraphy) under the great master calligrapher Sunkei Yahagi and Tenkoku (seal engraving) under the master Ryuzan Yoshinaga.
Since then, she has been creating art pieces and designs as Shodo artist. In 2013, her career took another step forward with the opening of the Gallery Kai, followed by Yonehachi Narisawa an authentic sushi restaurant located next to the gallery in Kichijoji, Tokyo.”
To learn more with interview, please visit the official website, here.
Her Gallery is also a splendid Art Gallery with great exhibitions in a very convivial atmosphere and elegant display. Please check the photos above and then visit her official site, here.


Monday, April 13, 2015

April (4月): Press Review

(ジョンギョンから - From JungKyung

こんにちは!

雑誌「マッシュVol.7」からフィンレイソンのムーミンピローケースが掲載されました!
モノトーンでシンプルなデザインとなっており、どんなベッドテキスタイルにも馴染みます。
65×55cmの大きめなサイズでホテルのようなゆったり枕がほしい方におすすめです!
ムーミンの枕で寝ると、ムーミン谷の夢がみれるかも知れません!
Finlayson Moominピローケース

Hello!
Today I am glad to announce that the Moomin Finlayson pillow cases are featured in a Japanese magazine! The pillow cases offer a simple design in black and white colors, which give the possibility to match them with any bedroom linen and textile.
Also, size is 65×55cm. Please check it!




Friday, April 10, 2015

The Essence of Finnish Design and Culture – Mythology, Moomin, and People in the intimate Wilderness (本)

(亜紗子から - From Asako)

こんにちは。
亜紗子です。
先日は春なのに東京に雪が降り、会社のある埼玉では桜と雪の特別な景色を見ることができました。寒かったのですが、なんだが得した気分になりました。
さて、今回は少し古い話ですが、2012年株式会社キュレイターズさんがフィンランドのくらしとデザイン ムーミンが住む森の生活展を開催したのを記念に発刊した本をご紹介します。フィンランド歴史がわかるとっても素敵な本です。
ほしいかもにある商品と関係あるものがありましたので、いくつかのページを紹介します。
Hello It’s Asako.
This week, Tokyo has had a surprising weather. We could see snow on the cherry blossom, a wonderful world. It has been a a long time we had such a beautiful day.
This time, I will write about a book which was published few years ago. The name of book is “The Essence of Finnish Design and Culture – Mythology, Moomin, and People in the intimate Wilderness”. Publishing by Curators inc. This book was published at same time as an exhibition held in Japan in 2012-2013.
Shows history, design, and culture of Finland... This is one of my favourite books. Here, some pages from the book.
  

フィンランドの巨匠カイフランクのスケッチなどのページです。白黒のスケッチのパターンを使用したフィンレイソンの商品、エプロンやテーブルクロスなどが下記のサイトで見つけられます。こちらです
About Kai Franck (best designer in Finland) who design for Iitala, Arabia etc.
We have same pattern as black white with Finlayson items on Hosiikamo webstore.



他のページにはマルチネックス社のロングラン商品、ムーミンハウスが載っていました。
現在とデザインは多少違いますが、昔から愛されていたんですね。
5月のこどもの日にどうですか?商品の紹介ページはこちらです
These pages feature photos from Finnish children. Our long time best seller Moomin house from Martinex!!! Design has been little changed but, we can see every one love Moomin house long time.

Wednesday, April 8, 2015

東京の時計イベント  Watch events in Tokyo

(麻帆子から - From Mahoko)

こんにちは!

今日は都内で開催されている時計イベントのご案内です。
ほしいかもウェブショップでも取り扱いのあるHYGGEVOID WatchesMr Jones WatchesNormal TimepiecesNAVA DesignTime Studio Stockholmなどをセレクトしたオリジナルブランド、POS+(ポスト)のポップアップストアが、現在都内2箇所で開催されています。

STITCH TOKYO (ステッチ トウキョウ)
(STITCH TOKYO_Store)
100-6504
東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング4F
(平日・土 11:00-21:00、日・祝 11:00-20:00)

Mid-Century MODERN (ミッドセンチュリー モダン)
(Mid-Century MODERN_POP)
(Mid-Century MODERN_store)
150-0033
東京都渋谷区猿楽町11-8 メゾン代官山1F
(11:0020:00)
どちらもイベントはこの週末、412日(日)まで!
ほしいかもウェブショップは通信販売なので、普段、お客さまに直接商品を見ていただくことができません。お近くの方はぜひこの機会にお店まで足を運び、実際に商品を見て、手に取り、試着してみてください!
4月に入り新学期シーズンとなったのに、本日所沢では雪が降っていました。
気温の変化が大きいので、皆さま体調管理には気をつけてください!

Today we introduce you two watch events happening in Tokyo.
- STITCH TOKYO
Shin-Marunouchi building 4F
1-5-1 Marunouchi
Chiyoda, Tokyo 100-6590
- Mid-Century MODERN
11-8 Sarugakucho
Shibuya-ku, Tōkyō-to 150-0033
Both events are until 12th April (Sun).
As we are an online store you usually cannot see the actual products.
If you are nearby Tokyo, please do not miss this opportunity to see and try the watches!
We had snow here today! Please take a good care of yourself and enjoy winter weather in spring!